大分県の名所・旧跡・史跡のブログ

カテゴリから「索引」ページを開いてください。地域別にまとめています。

キリシタン

石城川の名所めぐり その2(別府市)

前回の続きで、大字内成の名所をめぐります。今回は別府市側の地域のうち、写真のあるところを紹介します。適当な写真がないところも多いので、それはまた別の機会に補いたいと思います。

伊美の名所めぐり その4(国見町)

久しぶりに伊美の名所シリーズの続きを書きます。今回紹介する地点のほとんどが大字櫛来(くしく)にあたりますが、探訪の道順の都合で大字伊美の一部を含みます。櫛来の谷は庚申塔のほか宝篋印塔の秀作が多く、石造物を尋ねるだけでも楽しいものを、灌漑に…

菅尾の名所めぐり その1(三重町)

三重町は菅尾地区の名所・文化財を紹介します。この地域には有名な菅尾石仏のほか、数多くの石造文化財がございます。まだ十分に探訪できておりませんので、ひとまず5か所のみの紹介となります。

夷の名所・文化財 その9(香々地町)

夷谷シリーズの続きです。今回は西夷の谷のうち、道園の名所・文化財を紹介します。この地域は探訪が十分でなく、特に磨崖連碑とその周辺の石塔群が未探訪でありますので甚だ不十分な記事になってしまいます。未探訪の庚申塔もありますので、それと合わせて…

重岡の庚申塔めぐり その4(宇目町)

重岡の庚申塔めぐりのシリーズも、ひとまず今回で最終回です。今回はすべて文字塔で、これまでの記事に比べますと若干地味な印象はぬぐえませんが、宇目町の庚申塔の中で特に紹介したかったのが、この記事の最初に出てくる八幡河原の庚申塔群でございます。…

夷の名所・文化財 その3(香々地町)

引き続き夷谷の名所・文化財を紹介します。今回は西夷の谷から蓑払・カンガ峠・西狩場界隈を取り上げます。このうち西狩場については以前「ウドンマエの庚申塔」の記事で一部を紹介しましたが、今回改めて紹介するものです。西夷の谷にはあまり観光の方は訪…

櫛海越を行く―伊美の名所・文化財その3―(国見町)

1月から2回チャレンジして見つけられなかった伊美中須賀組の庚申塔に、先日やっと行き着きました。それで、久しぶりに伊美の名所・文化財を巡るシリーズの続きを書くことにします。今から慈雲寺を振り出しに、パイロット道を上がり櫛海越の旧道を辿っていき…

都甲路を行く その1(豊後高田市)

豊後高田市は都甲(とごう)地区の名所旧跡・文化財を紹介します。 1 都甲地区について 豊後高田の市街地から内陸に向かって、大まかにいうと3つの谷筋があります。一つは、高田→河内(かわち)→田染(たしぶ)経由で田原(たわら)に抜ける谷筋。もう一つ…

竹田津の名所・文化財(国見町) その2

引き続き、国見町大字西方寺の名所・文化財を紹介します。

竹田津の名所・文化財(国見町) その1

国見町大字西方寺の名所・文化財を紹介します。西方寺は旧竹田津町の内陸部に位置しておりまして、山を隔てて香々地町や西不動(国見町)と接しています。かつては山越しの徒歩道が縦横に伸び、交通の要衝でありました。最近はミツマタ群生地として名を上げ…

下司の文化財(杵築市)

下司 杵築市は下司地区の文化財を紹介します。今回は、下記の内容です。 ①菊本の庚申様 ②古幡社の石造物(庚申様等) ③観音寺跡の庚申様 下司という地域は広範囲に亙り、今は宅地化が進んでおりますがかつては農村地帯で、田んぼや畑の中に塊村が点在してい…

西狩場 ウドンマエの庚申塔(香々地町)

ウドンマエの庚申塔と、付近の文化財を紹介します。 ウドンマエ庚申塔 所在地:香々地町大字夷 西狩場地区

キリシタン礼拝所跡と磨崖クルス(三重町)

三重町のキリシタン礼拝所跡を紹介します。 所在地:三重町大字宮野字敷手 座標:33.026754, 131.620624(入口の場所。ここから少し歩きます)

西浜 小川内の庚申塔(国見町)

この記事は、リンク先の記事に統合しました。 oitameisho.hatenablog.com