大分県の名所・旧跡・史跡のブログ

カテゴリから「索引」ページを開いてください。地域別にまとめています。

一字一石塔

野上の名所めぐり その1(九重町)

九重町は野上地区の名所旧跡を紹介します。野上地区は大字野上・後野上(うしろのがみ)・右田からなります。この地域には有名な観光地はありませんが、庚申塔や宝篋印塔、石橋などの石造文化財が豊富です。また、部落ごとの小さな神社や堂様がたくさん残っ…

南緒方の名所めぐり その2(緒方町)

南緒方のシリーズはずいぶん久しぶりです。前回は大字原尻・久土知(くどち)の名所旧跡を紹介しました。今回は大字大化(たいか)のうち、今山部落の名所旧跡の一部を紹介します。その中で、今山磨崖仏群はこのシリーズの目玉です。近年漸くその存在が知ら…

稙田の名所・文化財 その5(大分市)

久しぶりに稙田シリーズの続きを書きます。今回は森津の石造物を皮切りに上田尻の不動堂、蕨野の日枝神社、秋岡の石造物、田島の石造物、上芹の熊野権現、虎御前古墳の石造物をめぐるという、盛りだくさんの内容です。道順が飛び飛びになりますから、もし実…

上伊美の名所めぐり その4(国見町)

今回も大字千灯の名所旧跡をめぐります。前回に引き続き見どころのオンパレードで、特に寺迫の金毘羅様や下払坊跡は、旧千灯寺跡一帯を探訪される際には必ず立ち寄るべき名所中の名所です。

深秣の名所めぐり その1(三光村)

三光村は深秣(みまくさ)地区の名所をめぐるシリーズです。深秣地区は大字西秣・上秣・下秣・上深水(かみふこうず)・下深水からなります。この地域は石造文化財や史蹟がすこぶる多く、まだその全貌を掴みかねているところです。時間をかけて少しずつ項目…

田染の名所めぐり その6(豊後高田市)

田染シリーズの続きです。今回から数回に分けて、大字蕗をめぐります。まず、富貴寺(ふきじ)周辺の文化財を探訪いたします。このブログではあまりにも有名な名所は簡単な紹介で済ませてきましたが、富貴寺には素晴らしい石造物がたくさんありますので、少…

諏訪の名所めぐり その3(野津原町)

久しぶりに諏訪シリーズの続きを書きます。これまで、第1回では大字下原は原村(はらむら)裏谷のうち都甲路(とぐろ)および台迫(でんさこ)、第2回では大字太田の火伏地蔵周辺をまわりました。それで、今回は再び大字下原の名所旧跡です。雨川(あめご)…

鶴岡の名所めぐり その1(佐伯市)

佐伯市は鶴岡地区の名所シリーズです。鶴岡地区は大字鶴望、上岡、稲垣からなります。今回は大字上岡のうち、八迫の名所をめぐります。鶴岡地区の探訪は不十分なので次回はいつになるか分かりませんけれども、一応シリーズ第1回としての体裁で書いてみようと…

朝来の名所めぐり その1(安岐町)

このシリーズでは安岐町は朝来地区の名所旧跡を紹介します。朝来地区は、安岐町の中では西武蔵地区と並ぶ山間部の地域で、大字矢川・朝来・明治からなります。この地域には神社・お寺や路傍の石造物など数多くの名所・文化財があり、とても1日ではまわりきれ…

藤原の名所めぐり その3(日出町)

久しぶりに藤原シリーズの続きを書きます。今回は道順が飛び飛びになります。写真がなかったりして途中飛ばした名所がたくさんありますが、それはまたいつか補うことにして、ひとまず駆け足で先に進んでいきたいと思います。

今市の名所めぐり その1(野津原町)

このシリーズでは野津原町のうち今市地区の名所旧跡をめぐります。野津原町は大分郡でしたが、旧今市村は合併前は直入郡に所属していました。肥後街道の宿場町として栄えた今市地区には、著名な観光名所としては宿場町の石畳がございます。ほかに尺間権現な…

豊岡の名所めぐり その1(日出町)

日出町豊岡は昭和40年代以降、辻間団地の造成や国道10号バイパスの開通により景観が大きく変わりました。平成5年頃までは国道沿いにいくつかのドライブインがありましたので行楽等の途中に立ち寄った想い出のある方も多いことでしょう。道の駅やコンビニエン…

稙田の名所・文化財 その4(大分市)

久しぶりに稙田の名所シリーズの続きを書きます。今回は露(あらわす)の石造物、宮地の庚申塔、浅草神社、下宗方の石造物を紹介します。道順が飛び飛びになって少し分かりにくいかもしれません。

菅尾の名所めぐり その1(三重町)

三重町は菅尾地区の名所・文化財を紹介します。この地域には有名な菅尾石仏のほか、数多くの石造文化財がございます。まだ十分に探訪できておりませんので、ひとまず5か所のみの紹介となります。

百枝の名所めぐり その1(三重町)

三重町は百枝(ももえだ)地区の一部を探訪することができましたので、ここに紹介いたします。この地区の著名な観光名所としましては大辻公園(あじさい園・古墳群)があります。それ以外にもたくさんの文化財・見どころがあるようなので、今後の探訪が楽し…

三重の名所めぐり(三重町) その2

前回、松尾から鷲谷(わしたに)を目指して、旧三重南小学校まで紹介しました。今回はその続きで、大字鷲谷の石造文化財を紹介します。中でも並石の石幢は行き方が難しいので、道順を詳しく書きます。

三重の名所めぐり(三重町) その1

最近、三重町を訪れる機会がありました。そのときに数か所のみですが石造物を探訪いたしまして、あらためてこの地域の文化財の数・多様性に目を見張った次第でございます。 さて、三重町は菅尾・三重・百枝・新田・白山の5地域に大きく分けられます。これら…

山国の名所めぐり その1(山国町)

最近、山国町の名所旧跡にことさらに興味関心を抱いております。この町は名勝耶馬溪のうち奥耶馬溪にあたり、その景勝は本耶馬溪や深耶馬溪に引けを取りません。しかも自然探勝に加えて、村々に残る数多くの史蹟もまた非常に興味深いところが数多うございま…

中武蔵の名所めぐり その5(武蔵町)

引き続き中武蔵の名所を巡ります。今回は大字麻田と手野です。この地域は探訪が甚だ不十分でありますが、ひとまず写真のある分だけを紹介します。

中山香の名所めぐり その1(山香町)

このシリーズでは、山香町の名所旧跡を巡ります。まだ写真を撮れていないところばかりですので、写真がある程度たまったら次の地域に進んでいく形で書いていこうと思っています。そのため一気連載ではなく、他の市町村の記事の合間々々に挿んでいくことにな…

中野の庚申塔めぐり その5(本匠村)

中野の庚申塔シリーズは、今回でひとまず最終回です。ずいぶん前に紹介しましたフルドモリの庚申塔群を、再度紹介します。こちらは塔が密集している関係で正面からの撮影が難しい塔が多く、以前の記事では一つひとつの紹介は省きました。今回、再訪する機会…

中野の庚申塔めぐり その3(本匠村)

中野の庚申塔シリーズの続きを書きます。今回から大字三股をめぐります。写真が多いのでひとまず宮ノ越の白山神社と庚申塔、安説の石造物を紹介しまして、大良の庚申塔は次回に回します。

中野の庚申塔めぐり その2(本匠村)

前回に引き続いて中野地区の庚申塔めぐりシリーズです。今回は大字波寄(はき)を巡ります。以前、直川村の庚申塔シリーズの中で言及いたしましたが、この「波寄」の用字は当て字で、「吐」の意でありましょう。すなわち吐合、つまり川の合流点の意でありま…

中野の庚申塔めぐり その1(本匠村)

今回から本匠村は中野地区のシリーズに入ります。中野地区には庚申塔が多うございまして、1か所に10基以上の塔が立っていることもざらです。しかも庚申塔のみならで出雲様、能毛様、二字一石塔など珍しい石造物も多々ございます。自然景勝地も多く、毎週でも…

因尾の庚申塔めぐり その2(本匠村)

因尾の庚申塔シリーズの続きです。前回、大字山部の一部を巡りました。今回は大字上津川(こうづがわ)を巡ります。上津川はそう広い地域ではありませんで、井ノ内・中上津川・下上津川の3部落しかありませんが、興味深い石造文化財が多々ございます。まず井…

重岡の庚申塔めぐり その1(宇目町)

直川村の庚申塔めぐりに引き続いて、宇目町は重岡地区の庚申塔めぐりのシリーズに入ります。直川村の庚申塔については『直川の庚申塔』という冊子にずいぶん助けられましたが、宇目町の庚申塔はその一覧表等の資料に行き当たっておりませんで、今回の探訪は…

下直見の庚申塔めぐり その2(直川村)

前回に引き続き下直見の庚申塔を紹介します。説明の都合上、起点を直見駅とします。

下直見の庚申塔めぐり その1(直川村)

引き続き直川村の庚申塔を紹介します。赤木、横川、仁田原ときて、今回は下直見地区を巡ります。下直見地区は直川5ケ村のうち最も佐伯市街地に近く、直見駅もこの地にあります。右に左に屈曲する久留須川べりの平地には田んぼが広がり、なんとも長閑な風景で…

仁田原の庚申塔めぐり その2(直川村)

前回に引き続いて仁田原地区の石造文化財を紹介します。時間の関係で飛ばしたり所在の分からなかった庚申塔もいくつかございましたので、今回紹介できるのは2か所だけになります。

仁田原の庚申塔めぐり その1(直川村)

直川村は仁田原地区の庚申塔を紹介します。ただ、上ノ地部落から重岡寄りの地域は、時間の関係で今回の探訪では省きました。そのため抜けが甚だ多うございますが、ひとまず探訪できた分だけを掲載します。説明の都合上、黒沢地蔵を起点とします。