大分県の名所・旧跡・史跡のブログ

カテゴリから「索引」ページを開いてください。地域別にまとめています。

一字一石塔

仁田原の庚申塔めぐり その1(直川村)

直川村は仁田原地区の庚申塔を紹介します。ただ、上ノ地部落から重岡寄りの地域は、時間の関係で今回の探訪では省きました。そのため抜けが甚だ多うございますが、ひとまず探訪できた分だけを掲載します。説明の都合上、黒沢地蔵を起点とします。

横山の名所旧跡(宇佐市)

先日、天福寺奥の院と観音山横穴墓群を結ぶ縦走路が整備されたことを新聞で知りました。早速訪ねてみましたが雲行きが怪しかったので、天福寺奥の院と観音山古墳それぞれのピストンとしまして、ハイキングはまたの機会に持ち越しとなりました。とまれ、久し…

木下磨崖仏(大野町)

大野町大字十時(ととき)にあります木下(きのした)磨崖仏を紹介します。こちらはあまり有名な磨崖仏ではありませんが、保存状態が良好で、しかも磨崖仏以外にも興味深い石造物がございます。興味関心のおありの方にはおすすめの場所です。

樋口の豊前坊様(朝地町)

旧大野郡は犬飼町・野津町・千歳村・大野町・朝地町・三重町・宇目町・清川村・緒方町からなる広大な地域です(※1)。この地域は自然地形が変化に富み景勝地の数ある中に各種石造文化財や磨崖仏、史蹟等が数えもやらぬほどにて、しかもお神楽や獅子舞、白熊…

伊美の文化財・史跡(国見町) その2

引き続き、国見町大字伊美の文化財・史跡を紹介します。前回、金久の善神王様までご紹介しました。今回は、東中地区の秋葉様周辺の文化財です。自動車は「みんなんかん」または東中公民館に駐車させていただくとよいでしょう。

稙田の名所・文化財 その2(大分市)

引き続き、稙田地区の文化財を紹介します。

合川の名所めぐり その1(清川村)

このシリーズでは合川地区の名所旧跡を紹介していきます。合川地区は大字六種(むくさ)・宇田枝(うたえだ)・左右知(そうち)・平石からなります。その大部分が清川村のうちですが、大字平石の一部は緒方町に編入されています。それで、このシリーズのう…

藁蓑 お稲荷様の庚申塔と一字一石塔(国東町)

藁蓑地区、お稲荷様の側にある庚申塔を紹介します。 所在地:国東町大字大恩寺 藁蓑地区 稲荷社そば