大分県の名所・旧跡・史跡のブログ

カテゴリから「索引」ページを開いてください。地域別にまとめています。

磨崖

朝来の名所めぐり その2(安岐町)

今回は大字朝来の一部をめぐります。適当な写真がないところが多いので不十分な内容になってしまいますが、ひとまず飛び飛びに紹介していきます。

旭日の名所めぐり その2(国東町)

引き続き、上治郎丸の名所・文化財を紹介します。今回紹介するところは至近距離にて、短時間で全部まわれます。

来浦の名所めぐり その1(国東町)

このシリーズでは国東町は来浦(くのうら)地区の名所旧跡を巡ります。来浦地区は大字岩戸寺(いわとうじ)・来浦・浜からなる地域で国東町の北端に位置し、その隣は国見町です。国道213号の改良が全線中で最後まで遅れていた地域なので、以前は国東市街地か…

大内の名所めぐり その3(杵築市)

前回、西大内山の名所を巡りました。今回はその続きで東大内山の名所を巡って、道順が飛び飛びになりますが小狭間の虚空蔵様まで紹介します。

立石の名所めぐり その2(山香町)

今回は立石地区の磨崖仏をめぐります。この地域には、私の知る限りでは4か所(棚田・西鶴・岡・仏ヶ迫)に磨崖仏がございますが、このうち仏ヶ迫の磨崖仏はまだ行ったことがないので、ひとまず残りの3か所を紹介することにします。棚田の磨崖仏以外は保存状…

田染の名所めぐり その3(豊後高田市)

今回は大字平野のうち大曲部落の石造文化財・名所と、大字真木のうち城山薬師堂跡をめぐります。この地域を探訪される場合、道が狭く適当な駐車場所のないところが多いので、少し遠いのですが真木の大堂の駐車場から歩いて行くことをお勧めします。

東山香の名所めぐり その2(山香町)

東山香の名所旧跡を探訪する機会を得ましたので、このシリーズの続きを書きます。今回は金堂横穴墓・磨崖仏とその周辺、倉成磨崖仏を紹介します。いずれも東山香地区を代表する名所でありますから、鋸山のトレッキングを楽しまれる際にちょっと立ち寄ってお…

田染の名所めぐり その2(豊後高田市)

田染の名所めぐりシリーズの続きです。今回は岩脇寺と間戸の岩屋を紹介します。いざ記事を書こうとして写真を見返してみますと、あまり写りがよくないものが多く、撮り直してからにしようかとも思いました。それも易うございますけれども、ひとまず先に進ん…

田染の名所めぐり その1(豊後高田市)

豊後高田市は六郷満山関連の文化財・史蹟が数多く、殊に都甲(とごう)地区と田染(たしぶ)地区は名所旧跡がとんでもない密度でございます。以前、都甲地区の名所旧跡・文化財を簡単に紹介しました。その続きも書こう書こうと思いながらそのままになってし…

菅尾の名所めぐり その1(三重町)

三重町は菅尾地区の名所・文化財を紹介します。この地域には有名な菅尾石仏のほか、数多くの石造文化財がございます。まだ十分に探訪できておりませんので、ひとまず5か所のみの紹介となります。

夷の名所・文化財 その8(香々地町)

長らくお休みしていた夷谷シリーズを再開します。今回は西夷の谷にあります磨崖仏群を中心に紹介します。特に横岳の磨崖仏はインターネット・書籍ともにほとんど紹介がなく、シリーズ中の目玉の一つです。 25 かたしろ様(谷ノ迫磨崖像) 東西夷の追分から…

諏訪の名所めぐり その2(野津原町)

今回は、大字太田は繁美城址の小山付近の名所・文化財を紹介します。こちらは新四国の霊場になっておりまして、非常に近距離に数多くの石仏がございますほか、生目様、庚申様、火防地蔵様(磨崖仏)、磨崖碑など文化財が目白押しです。石造文化財のお好きな…

吉野の名所・文化財 その2(大分市)

前回に引き続いて吉野地区の名所・文化財を紹介します。道順の説明の都合で、前回最後に紹介した「奥の庚申塔(坂道)」のところからスタートします。それで、項目名を前回からの連番としたしました。

馬門磨崖仏周辺の文化財(直入町)

今回は直入町大字長湯は馬門(まかど)にあります馬門磨崖仏(長湯線彫磨崖仏)・梵字石と、その近隣の文化財を紹介します。 直入町は、長湯地区(大字長湯)と下竹田地区(大字上田北・下田北)に分かれています。今回紹介する馬門磨崖仏は長湯地区の端の方…

夷の名所・文化財 その7(香々地町)

引き続き東夷の名所旧跡を紹介します。夷谷のシリーズが長くなり、説明の都合上、道順がとびとびになっています。今回紹介する場所は、「その2」の記事の近接地です。

横山の名所旧跡(宇佐市)

先日、天福寺奥の院と観音山横穴墓群を結ぶ縦走路が整備されたことを新聞で知りました。早速訪ねてみましたが雲行きが怪しかったので、天福寺奥の院と観音山古墳それぞれのピストンとしまして、ハイキングはまたの機会に持ち越しとなりました。とまれ、久し…

夷の名所・文化財 その3(香々地町)

引き続き夷谷の名所・文化財を紹介します。今回は西夷の谷から蓑払・カンガ峠・西狩場界隈を取り上げます。このうち西狩場については以前「ウドンマエの庚申塔」の記事で一部を紹介しましたが、今回改めて紹介するものです。西夷の谷にはあまり観光の方は訪…

夷の名所・文化財 その2(香々地町)

今回は東夷のかかりにあります六所神社周辺の名所・文化財を紹介します。 ①六所神社 ②旧霊仙寺墓地 ③藤ヶ谷 この3か所とも磨崖仏または磨崖塔がございまして、夷谷の磨崖仏群の一端をなしております。これらの磨崖仏はあまり知られておりませんけれども、興…

夷の名所・文化財 その1(香々地町)

夷谷(えびすだに)は名所旧跡の宝庫です。中山仙境を中心に東夷、西夷の谷に分かれ、小集落が点在している中を庚申塔や古刹、神社など数えもやらぬほどにて、そのいずれもが屹立する奇岩を借景として、この地域特有の景観の一端をなしているのです。とても1…

南緒方の名所めぐり その1(緒方町)

このシリーズでは南緒方地区の名所旧跡をめぐります。南緒方地区は大字原尻・久土知(くどち)・大化(たいか)・馬背畑(ませばた)・鮒川・知田(ちた)からなります。初回は大字原尻と久土知をめぐります。 この地域には緒方観光のメッカであります原尻の…

軸丸磨崖仏(緒方町)

緒方町大字軸丸にあります、軸丸磨崖仏を紹介します。軸丸は棚田で有名なところです。文字庚申塔などの各種石造物や、八原橋旧跡などがございますが適当な写真がありませんので、ひとまず磨崖仏のみ紹介します。こちらはちょっと行きにくい場所にあります。…

木下磨崖仏(大野町)

大野町大字十時(ととき)にあります木下(きのした)磨崖仏を紹介します。こちらはあまり有名な磨崖仏ではありませんが、保存状態が良好で、しかも磨崖仏以外にも興味深い石造物がございます。興味関心のおありの方にはおすすめの場所です。

落水磨崖仏(大野町)

大野町は大字大原字住吉にあります落水(おつるみず)磨崖仏(※)を紹介します。大野地方は磨崖仏の宝庫で、大野町には落水磨崖仏と木下磨崖仏があります。 ※ 落水と落ル水、どちらの用字も通用していますが、ここでは現地の案内板に従い落水磨崖仏の表記で…

払川石仏と近戸橋(臼杵市)

このシリーズでは、臼杵市は上南津留地区の名所を紹介していきます。当地区は大字左津留・乙見・掻懐(かきだき)・東神野(ひがしこうの)・高山・中尾からなります。初回は大字中尾のうち、払川石仏と旧近戸橋を紹介します。臼杵石仏から野津町に抜ける道…

蛇渕の磨崖仏(山香町)

山香町の磨崖仏を紹介します。今回は鳥ノ江(とりのえ)にあります蛇渕(じゃぶち)の磨崖仏です。この磨崖仏は前回紹介しました西鶴の磨崖仏よりもずっと行きやすいので、気軽にお参りすることができます。けれども入口が分かりづらいので、詳しく説明いた…

西鶴の磨崖仏(山香町)

今回は、山香町の西鶴磨崖仏を紹介します。山香町というところは国東半島のちょうど付け根に位置しまして、旧速見郡でありますけれども国東文化の影響も大なるところがあったと思われます。その影響かはわかりませんが山香町には磨崖仏が多く、10か所以上を…

都甲路を行く その6(豊後高田市)

「都甲路を行く」のシリーズの続きを書きます。いよいよ東都甲の谷の奥詰めまできました。鬼城岩峰からスタートします。

都甲路を行く その2(豊後高田市)

前回、天念寺関係の史跡・文化財の途中で終わりましたので、その続きからスタートします。

都甲路を行く その1(豊後高田市)

豊後高田市は都甲(とごう)地区の名所旧跡・文化財を紹介します。 1 都甲地区について 豊後高田の市街地から内陸に向かって、大まかにいうと3つの谷筋があります。一つは、高田→河内(かわち)→田染(たしぶ)経由で田原(たわら)に抜ける谷筋。もう一つ…

稙田の名所・文化財 その3(大分市)

引き続き、稙田地区の文化財を紹介します。