大分県の名所・旧跡・史跡のブログ

カテゴリから「索引」ページを開いてください。地域別にまとめています。

神社

上伊美の名所めぐり その1(国見町)

上伊美地区の名所旧跡をめぐるシリーズです。上伊美は大字野田・千灯(せんどう)・赤根からなります。この地域の白眉は、何と申しましても千灯寺に関連する史蹟群です。その景勝や数々の文化財は訪ねる人の心を惹きつけてやみません。ほかにも石造文化財の…

深秣の名所めぐり その1(三光村)

三光村は深秣(みまくさ)地区の名所をめぐるシリーズです。深秣地区は大字西秣・上秣・下秣・上深水(かみふこうず)・下深水からなります。この地域は石造文化財や史蹟がすこぶる多く、まだその全貌を掴みかねているところです。時間をかけて少しずつ項目…

朝来の名所めぐり その3(安岐町)

このシリーズの第1回目で、矢川の名所旧跡をめぐりました。今回はその続きで、朝来隧道を抜けて陰平道沿いの名所旧跡をめぐります。一鍬のお弘法様や扇神社の奥宮は林道の開通により自動車で乗り付けることができるようになりましたが、ここでは昔からの行き…

犬飼の名所めぐり その1(犬飼町)

犬飼町のうち、犬飼地区の名所旧跡を訪ねるシリーズの第1回目です。ひとまず写真のあるところを紹介して、途中で飛ばした名所はまたの機会といたします。 さて、犬飼地区は大字犬飼・下津尾・田原からなります。このうち大字犬飼は旧藩時代からの旧市街と犬…

上真玉の名所めぐり その3(真玉町)

前回に引き続き、上真玉地区の名所旧跡をめぐります。今回は3基の庚申塔が出てきますが、このうち2基はこのシリーズ第1回目で紹介しました立花の庚申塔と瓜二つです。見比べてみてください。

上真玉の名所めぐり その2(真玉町)

今回は城前(じょうのまえ)の名所のうち、寄四国霊場と山ノ下の庚申塔を紹介します。このうち寄四国霊場は、前回紹介した小岩屋霊場と並んで特に紹介したかった名所中の名所でございます。いずれも近距離にて、簡単にまわることができます。

上真玉の名所めぐり その1(真玉町)

国東半島のあちこちの名所旧跡を紹介してきましたが、真玉町の記事はまた一度も書いていませんでした。それと申しますのも、何度も訪れたことがあっても適当な写真がない場所が多く、一連のシリーズとしてまとめるのに道順が飛び飛びになりそうで掲載を控え…

上香々地の名所めぐり その2(香々地町)

ずっとお参りしたかった市丸の伊勢堂にやっと行き着くことができました。そこで、上香々地の名所シリーズの続きを書きます。三重地区のうち、夷谷のシリーズばかりを書いてきました。上香々地の名所はずいぶん久しぶりです。今回は行き方の難しいところもあ…

杵築の旧市街散策 その3(杵築市)

今回は祇園様から天神様までをめぐります。前回の末尾に紹介しました新屋敷の豊川稲荷経由の道順にて、祇園様を起点に紹介します。もしこの辺りのみ散策するのであれば、天神様に車を置いて逆の道順に歩くとよいでしょう。

杵築の旧市街散策 その2(杵築市)

今回は西新町・古野・北新町・新屋敷をめぐります。この一帯は「城下町」として再整備されておりませんので観光客は見かけませんが、昔のおもかげをよう残す、わたしの好きな地域です。

杵築の旧市街散策 その1(杵築市)

久しぶりに杵築の町を散策しました。懐かしい町並みを楽しみつつ、この30年あまりでずいぶん変わった風景に一抹の寂しさも感じました。特に弓丁から本町にかけての道路拡幅により、懐かしい商店街の風情が失われたことは残念でなりません。けれども、北台か…

西安岐の庚申塔めぐり その5(安岐町)

西安岐の庚申塔シリーズの第5回目は、大字吉松を巡ります。今までに探訪できた吉松の庚申塔を一度に全部紹介しますので、長い記事になります。まだ行き当たっていない名所旧跡・文化財もありますから、その分についてはまたの機会に油留木の名所旧跡と同時に…

滝尾の名所めぐり その2(大分市)

前回は大分社のみの紹介となってしまいましたので、滝尾百穴、曲石仏(磨崖仏と新四国)、曲八幡社まで一気に紹介します。今回は庚申塔はありませんが、興味深い史跡・文化財が目白押しです。特に曲石仏は、磨崖仏に興味関心のある方にはぜひお参りをお勧め…

滝尾の名所めぐり その1(大分市)

先日、大分市の曲石仏と滝尾百穴を再訪する機会を得ました。これらは大分市の中でも指折りの名所でありますからぜひ紹介したいと思うておりましたものを、手持ちの写真が悪くて掲載を見合わせておりました。それで、このたび写真を撮り直すことができました…

宮城の名所めぐり その1(竹田市)

久しぶりに竹田市の名所旧跡を紹介します。今回は宮城地区の名所です。宮城は滝、磨崖仏、横穴古墳、めがね橋、温泉、貯水池など観光資源に事欠かない地域でありますが、遊覧者はまばらなのでゆっくりと見学してまわることができます。

田染の名所めぐり その7(豊後高田市)

引き続き、大字蕗をめぐります。今回は富貴寺境内の白山社(六所権現)からスタートして、陽平(ひなたびら)で折り返して堀口までまいります。ひとまず写真のあるところを飛び飛びに紹介して、今回掲載できなかったところはまたの機会といたします。

佐田の名所めぐり その2(安心院町)

引き続き佐田地区の名所旧跡をめぐります。今回は大字山蔵(やまぞう)にございます大年神社と、大字佐田にございます佐田神社です。いずれも石造文化財がよう残るほか史蹟、民話等に事欠かないところでありますから、安心院町を探訪される際には必ず立ち寄…

佐田の名所めぐり その1(安心院町)

先日、安心院町の名所旧跡を少しだけめぐりました。そこで、手始めに佐田地区の名所を少し紹介します。この記事で言う佐田地区は大字佐田・塔尾(とうのお)・大見尾・矢津・広谷・口ノ坪・笹ヶ平・古川・内川野・山蔵(やまぞう)・房ヶ畑(ぼうがはた)・…

西安岐の庚申塔めぐり その4(安岐町)

今回は大字掛樋から山浦へと進み、瀬戸田まで引き返します。このシリーズの過去3回の補遺のような内容になりますので、併せてご覧いただくと分かりよいと思います。わりあい簡単に行ける場所ばかりですが、17番「唐見の金毘羅様」についてはやや分かりにくい…

鶴岡の名所めぐり その1(佐伯市)

佐伯市は鶴岡地区の名所シリーズです。鶴岡地区は大字鶴望、上岡、稲垣からなります。今回は大字上岡のうち、八迫の名所をめぐります。鶴岡地区の探訪は不十分なので次回はいつになるか分かりませんけれども、一応シリーズ第1回としての体裁で書いてみようと…

朝来の名所めぐり その1(安岐町)

このシリーズでは安岐町は朝来地区の名所旧跡を紹介します。朝来地区は、安岐町の中では西武蔵地区と並ぶ山間部の地域で、大字矢川・朝来・明治からなります。この地域には神社・お寺や路傍の石造物など数多くの名所・文化財があり、とても1日ではまわりきれ…

西安岐の庚申塔めぐり その3(安岐町)

久しぶりに西安岐の庚申塔シリーズの続きを書きます。今回は大字掛樋を巡ります。この地域は庚申塔以外の文化財・史蹟も目白押しで、近距離に密集していますから短時間でたくさん見学することができます。適当な写真がないところは飛ばして、またの機会に補…

熊毛の名所めぐり その4(国見町)

今回は岐部のうち長瀬部落から浦辺をまわって小江、少しとんで島田の名所を紹介します。特に探訪・お参りをおすすめしたいのは、潮崎の観音様です。この地は知る人ぞ知る名所ですが、車道からほど近く簡単にお参りすることができますし、奈多海岸や黒津崎、…

熊毛の名所めぐり その3(国見町)

今回は下岐部は寺迫部落周辺の名所のうち、胎蔵寺の石造物、胎蔵寺裏山の庚申塔、岐部神社を紹介します。分量的にはやや少なめになってしまいますが、切りのよいところまでとしました。

東小深江の山神社(日出町)

熊毛シリーズの途中ではありますが、本日とても素敵な庚申塔を見つけたのでここに紹介いたします。こちらは全く知らなかった場所で、友人に教えてもらい初詣を兼ねて訪ねることができました。場所は日出町大字川崎、東小深江(ひがしこぶかえ)部落です。川…

熊毛の名所めぐり その2(国見町)

新年あけましておめでとうございます。今年もあちこちの名所旧跡を訪ねて、少しずつ紹介してまいります。備忘録的な側面が強くなっているのが正直なところですが、今後ともよろしくお願いいたします。 さて、今回も岐部の名所旧跡を紹介します。今回も庚申塔…

旭日の名所めぐり その1(国東町)

先日、上治郎丸の庚申塔を中心とする石造文化財を見学してまわりました。狭い範囲内に興味深い文化財がたくさんありまして、しかも国東史談会『くにさき史談第九集』により要領よくまわることができました。一度にたくさんまわったので、忘れてしまわないう…

藤原の名所めぐり その4(日出町)

今回は赤松周辺の名所旧跡を紹介します。ずいぶん前、この辺りの名所旧跡の一部を「川久保地区の今昔」として前後篇にて掲載しました。今回、その記事を編み直して、新たに探訪できた名所・文化財も加えて藤原シリーズの「その4」として投稿するものです。

北杵築の名所・文化財 その9(杵築市)

二ノ坂の庚申塔を紹介したくなりましたので、長らくお休みしていた北杵築シリーズの補遺としてこの記事を書きます。いくつものシリーズが同時進行していますので読みにくいかもしれませんが、思いのままに、長く続けていきたいと思っています。もし各シリー…

藤原の名所めぐり その3(日出町)

久しぶりに藤原シリーズの続きを書きます。今回は道順が飛び飛びになります。写真がなかったりして途中飛ばした名所がたくさんありますが、それはまたいつか補うことにして、ひとまず駆け足で先に進んでいきたいと思います。