大分県の名所・旧跡・史跡のブログ

カテゴリから「索引」ページを開いてください。地域別にまとめています。

道・橋・峠・トンネル

熊毛の名所めぐり その2(国見町)

新年あけましておめでとうございます。今年もあちこちの名所旧跡を訪ねて、少しずつ紹介してまいります。備忘録的な側面が強くなっているのが正直なところですが、今後ともよろしくお願いいたします。 さて、今回も岐部の名所旧跡を紹介します。今回も庚申塔…

旭日の名所めぐり その2(国東町)

引き続き、上治郎丸の名所・文化財を紹介します。今回紹介するところは至近距離にて、短時間で全部まわれます。

藤原の名所めぐり その4(日出町)

今回は赤松周辺の名所旧跡を紹介します。ずいぶん前、この辺りの名所旧跡の一部を「川久保地区の今昔」として前後篇にて掲載しました。今回、その記事を編み直して、新たに探訪できた名所・文化財も加えて藤原シリーズの「その4」として投稿するものです。

北杵築の名所・文化財 その9(杵築市)

二ノ坂の庚申塔を紹介したくなりましたので、長らくお休みしていた北杵築シリーズの補遺としてこの記事を書きます。いくつものシリーズが同時進行していますので読みにくいかもしれませんが、思いのままに、長く続けていきたいと思っています。もし各シリー…

来浦の名所めぐり その2(国東町)

来浦の名所めぐりの続きです。まったく、この地域は素晴らしい文化財や名所が目白押しでありますが、特に今回紹介します小嶽の庚申塔は他にはない特徴を有しております。このシリーズの目玉といってよいでしょう。

来浦の名所めぐり その1(国東町)

このシリーズでは国東町は来浦(くのうら)地区の名所旧跡を巡ります。来浦地区は大字岩戸寺(いわとうじ)・来浦・浜からなる地域で国東町の北端に位置し、その隣は国見町です。国道213号の改良が全線中で最後まで遅れていた地域なので、以前は国東市街地か…

大内の名所めぐり その3(杵築市)

前回、西大内山の名所を巡りました。今回はその続きで東大内山の名所を巡って、道順が飛び飛びになりますが小狭間の虚空蔵様まで紹介します。

立石の名所めぐり その1(山香町)

山香町は立石地区の名所旧跡を紹介します。立石地区(旧立石町)は立石峠を境に山香寄りの大字立石・下、宇佐寄りの大字向野(むくの)に大別されます。この地域の探訪はまだ不十分ですが、ひとまず数回分程度の写真がありますのでシリーズとして書いてみよ…

今市の名所めぐり その1(野津原町)

このシリーズでは野津原町のうち今市地区の名所旧跡をめぐります。野津原町は大分郡でしたが、旧今市村は合併前は直入郡に所属していました。肥後街道の宿場町として栄えた今市地区には、著名な観光名所としては宿場町の石畳がございます。ほかに尺間権現な…

大内の名所めぐり その1(杵築市)

杵築市は大内地区の名所旧跡をめぐるシリーズです。この地域は探訪が不十分なので、写真がたまり次第飛び飛びで回を重ねていく予定です。 大内地区は杵築地区と高山川を挟んで隣接する地域で、海沿いからみかん山まで、単独大字でありながらなかなか広うござ…

東山香の名所めぐり その2(山香町)

東山香の名所旧跡を探訪する機会を得ましたので、このシリーズの続きを書きます。今回は金堂横穴墓・磨崖仏とその周辺、倉成磨崖仏を紹介します。いずれも東山香地区を代表する名所でありますから、鋸山のトレッキングを楽しまれる際にちょっと立ち寄ってお…

上入津の名所めぐり その1(蒲江町)

旧南海部郡は今や全域が新・佐伯市となっており、その広さに驚かされます。今年の夏頃から直川村、宇目町、本匠村の庚申塔を立て続けにたくさん紹介いたしました。これらの地域は山また山、ほんに山深うございます。ところが今回紹介します蒲江町は全域がリ…

菅尾の名所めぐり その1(三重町)

三重町は菅尾地区の名所・文化財を紹介します。この地域には有名な菅尾石仏のほか、数多くの石造文化財がございます。まだ十分に探訪できておりませんので、ひとまず5か所のみの紹介となります。

東別府の名所旧跡 その1(別府市)

このシリーズでは東別府(旧浜脇町・石城川村)を巡ります。初回は河内谷(こうちだに)からスタートして隠山(かくれやま)を目指します。やや長くなりますが、まとめて紹介します。

中山香の名所めぐり その1(山香町)

このシリーズでは、山香町の名所旧跡を巡ります。まだ写真を撮れていないところばかりですので、写真がある程度たまったら次の地域に進んでいく形で書いていこうと思っています。そのため一気連載ではなく、他の市町村の記事の合間々々に挿んでいくことにな…

東山香の名所めぐり その1(山香町)

東山香地区の名所旧跡を巡ります。この地域は探訪したのが15年ほども前でございまして、まともな写真があまりありません。ですから、ひとまず甲尾山と鋸山のみ簡単に紹介しまして、残りは次回以降に回します。

夷の名所・文化財 その7(香々地町)

引き続き東夷の名所旧跡を紹介します。夷谷のシリーズが長くなり、説明の都合上、道順がとびとびになっています。今回紹介する場所は、「その2」の記事の近接地です。

夷の名所・文化財 その4(香々地町)

夷谷の記事の続きに戻ります。前回、西夷のカサの方の地域を紹介しました。説明の都合でまた楽庭地区に引き返して、中山仙境とそれに付随する名所・文化財を紹介します。 さて、本文に移る前に、夷谷で昔唄われた俚謡を紹介します。これは「さのさ」のくずし…

夷の名所・文化財 その3(香々地町)

引き続き夷谷の名所・文化財を紹介します。今回は西夷の谷から蓑払・カンガ峠・西狩場界隈を取り上げます。このうち西狩場については以前「ウドンマエの庚申塔」の記事で一部を紹介しましたが、今回改めて紹介するものです。西夷の谷にはあまり観光の方は訪…

南緒方の名所めぐり その1(緒方町)

このシリーズでは南緒方地区の名所旧跡をめぐります。南緒方地区は大字原尻・久土知(くどち)・大化(たいか)・馬背畑(ませばた)・鮒川・知田(ちた)からなります。初回は大字原尻と久土知をめぐります。 この地域には緒方観光のメッカであります原尻の…

払川石仏と近戸橋(臼杵市)

このシリーズでは、臼杵市は上南津留地区の名所を紹介していきます。当地区は大字左津留・乙見・掻懐(かきだき)・東神野(ひがしこうの)・高山・中尾からなります。初回は大字中尾のうち、払川石仏と旧近戸橋を紹介します。臼杵石仏から野津町に抜ける道…

北杵築の名所・文化財 その8(杵築市)

北杵築シリーズの続きです。今回はすべて大字岩谷(いわや)の名所・文化財で、下記の内容です。 27 岩谷について 28 高平の庚申塔 29 尾迫の山神社 30 尾迫の庚申塔(上) 31 尾迫池

北杵築の名所・文化財 その7(杵築市)

久保畑東組の庚申塔を見つけることができましたので、北杵築シリーズの続きを書きます。下記のうち27番「境木の大日堂」につきましてはシリーズ第1回目で紹介しました2番「境木」と同一箇所でありますが、写真を撮り直すことができましたので改めて詳しく説…

櫛海越を行く―伊美の名所・文化財その3―(国見町)

1月から2回チャレンジして見つけられなかった伊美中須賀組の庚申塔に、先日やっと行き着きました。それで、久しぶりに伊美の名所・文化財を巡るシリーズの続きを書くことにします。今から慈雲寺を振り出しに、パイロット道を上がり櫛海越の旧道を辿っていき…

高野堂(宇佐市)

宇佐市麻生地区は谷沿いにいくつもの小集落が点在する農村地帯で、名勝耶馬溪のうち東耶馬溪にあたります。七折八折の山路を辿れば、春は花の曇りに奇岩を塔のおぼろ月、蛍舞う稲田も色青みきて盆は傘鉾、伊呂波川とや色をかさねの綾錦に秋の日長、冬は野仏…

西椎屋の滝周辺の名所(院内町・玖珠町)

西椎屋(にししや)の滝周辺は「椎屋耶馬溪」のうちにて、断崖絶壁の荒々しい岩山に青葉やもみじの映える景勝地としてその名を馳せてまいりましたが、この地域はすこぶる交通不便でした。ところが近年は西椎屋道路の改良著しく、しかも秋葉様の山あたりの風…

川久保地区の今昔 前篇(日出町)

この記事は前篇後篇を再編集して統合し、「藤原の名所めぐり その4」として投稿しました。リンク先をご覧ください。

諏訪の名所めぐり その1(野津原町)

昨年から、庚申塔をさがして野津原町を何度か訪れています。その度に、庶民のエネルギーに満ち満ちた石造物がものすごくたくさん残っていることに感銘を受けています。野津原町はまさに石造文化財の宝庫といえる土地ですが、残念ながらその素晴らしい文化財…

北杵築の名所・文化財 その6(杵築市)

何回か捜していた三尾平の庚申塔(下)を、先日やっと発見しました。それで「都甲路を行く」のシリーズをお休みして、北杵築のシリーズの続きを書きます。今回は下記の内容です。 21 尾上前台(下組)の石仏群 22 尾上の庚申塔 23 波多方峠と三尾平に…

都甲路を行く その1(豊後高田市)

豊後高田市は都甲(とごう)地区の名所旧跡・文化財を紹介します。 1 都甲地区について 豊後高田の市街地から内陸に向かって、大まかにいうと3つの谷筋があります。一つは、高田→河内(かわち)→田染(たしぶ)経由で田原(たわら)に抜ける谷筋。もう一つ…