大分県の名所・旧跡・史跡のブログ

カテゴリから「索引」ページを開いてください。地域別にまとめています。

安岐の名所めぐり その1(安岐町)

 最近、大野地方や玖珠郡の名所旧跡をいろいろと巡りました。それらの紹介も滞っているところでありますが、今回は久しぶりに国東半島の記事を書いてみようと思います。

 さて、このシリーズでは安岐町のうち安岐地区(旧安岐町)をめぐります。安岐地区は大字塩屋・下原(しもばる)・馬場からなります。国東線(軽便)の安岐駅開通以降、七島藺の積み出し等で物流の拠点としての繁栄を極めていました。廃線後には行者原(ぎょうじゃばる)を埋め立てて新・大分空港が開かれ、名実ともに国東半島はおろか大分県の玄関口といえる土地になっています。

 安岐地区には、歴史のある神社仏閣、城址庚申塔などの石塔類、古墳などといった名所旧跡・文化財がすこぶる多うございます。この中から、初回は大字馬場の名所旧跡・文化財の一部を紹介いたします。

 

1 灯火山の秋葉神社

 安岐川河口付近から、左岸沿いの道を行きます(安岐川を左に見て進む)。しばらく行くと、右側に「御大典記念」の門があります。右折してその門を通って進むと十字路に出ます。正面は民家への入口のように見えますが、これを直進します。ここから先は道が狭くて離合できません。道なりに屈曲して山道を上っていき、鉄塔の手前を鋭角に折り返して左に上がれば秋葉様の正面に出ます。車を停める場所は十分にあります。

 秋葉様は火伏の神様として広く信仰されてきました。こちらの秋葉神社は、灯火山という小山の山頂付近に鎮座しており、大字馬場の村の神社です。先ほど申しました御大典記念の立派な門も、この神社の格の高さを示しています。灯火山はそう高い山ではありませんので麓のどこからでも見えるというわけではありませんけれども、この地域のランドマーク的な存在であると考えられます。

征清凱旋碑

 林道を挟んで下手の用地には、日清戦争の立派な凱旋碑が立っています。この碑銘は忠霊塔をも兼ねており、幾人もの戦歿者の氏名が記されていました。境内には先の大戦時の砲弾も置いてあります。

 

2 ヒラの庚申塔(イ)

 凱旋碑のところから斜面を下っていきます。正面にテレビの鉄塔がありますので、その右側を通ります。草が伸びがちですから、傾斜地右側の竹藪との境界に沿うて下るとよいでしょう。

 斜面の途中で右を見ますと、五輪塔が2基確認できました。古い墓碑と思われます。ここから竹藪との境界に沿うて下り、鉄塔の下側に回り込みます。

 段差に沿うて左に行き、この写真の場所から1段下に降ります。写真中央のやや右側に庚申塔の背面が小さく写っています。竹が倒れているので通りやすいところを探して、もう1段下れば塔の正面に回り込むことができます。

 この場所には3基の塔が立っていました。左の文字塔は「奉納日本照明金剛庚申大菩薩」という大仰な銘でございます。「照明金剛」という言い回しは、「青面金剛」の間違いというよりは意図的に「日本照明」としたものでしょう。日本を照らす大菩薩、まったく崇拝を極めるの感がございまして、これほどまでにものものしい言い回しで表現することでより多くの霊験を期待したものと思われますし、またその祈願が真に迫っていたことが推察されます。正徳2年、今から310年前の造立です。

 刻像塔は別の写真で紹介します。向かって右も文字塔と思われますが銘がすっかり消えています。または庚申石の類かもしれません。

青面金剛4臂、2童子、3猿、2鶏

 この塔は安岐町・武蔵町で盛んに見かけるタイプで、特段珍しい点はありません。さまざまなタイプの刻像塔がある中で特にこの種のものが多いのは、やはりデザイン的に優れており、しかも造立のコスト・手間等を見合わせて現実的なものであったためでしょう。立体感に富んだ主尊の彫り、弓などの武器を大きめに表現してそれが外に張り出していることにより余白が少なく、賑やかで豪勢な感じが出ている点など、よう考えられたデザインであるように感じます。童子や猿の可愛らしい風情も乙なものではありませんか。

 なお、灯火山にはこれよりもやや下手にも2基の庚申塔があります。適当な写真がないので、またの機会に紹介します。字はいずれも「ヒラ」のようですから、一応区別のために項目名に(イ)と付記しました。

 

 さて、今度は灯火山を下りまして、馬場中村は八坂神社(祇園様)周辺の名所旧跡を紹介します。この一帯は大字馬場を代表する名所であると確信しています。八坂神社の真下には穴観音様、境内には各種摂社や庚申様、並びには古墳、その隣には愛宕地蔵様と、ありとあらゆる信仰が密集しています。中でも穴観音様の磨崖像はその特異なる立地・像容から、近年磨崖仏に興味関心のある方がちらほら見学に訪れるようになっているようです。

 

3 ネギテの穴観音様(磨崖仏)

 灯火山の秋葉様から、もと来た道を後戻ります。変電所の角を左折して突き当りを右折、最廣寺の敷地に沿うてすぐ左折します。道なりに進んで、左側の家並みが途切れるところの辻を左折します。少し行くと「ネギテ穴観音」の標柱が立っています。この「ネギテ」というのは字です。

 この標柱を目印に、左の農道に入ればすぐ、八坂神社の石段が見えてきます。農道入口の左端に寄せれば1台は駐車できます(農道の通行の邪魔にならないようにしましょう)。

 参道が二股になっていて、右の石段は八坂社へ、左の道は穴観音様に至ります。まず穴観音様の方に行ってみましょう。説明板の内容を転記します。

~~~

町指定有形文化財(昭和55年10月3日指定)
ネギテ穴観音
 所在地 大分県東国東郡安岐町大字馬場
 所有者 馬場地区共有
 年代 不明

 高さ5mほどの東面するもろい砂岩の崖をくり抜いて2室を造り、その内壁に8体の仏像を陽刻している。磨滅がひどく仏の種類は判別しがたい。
 崖の最下部に幅0.8m、高さ0.9m、奥行き0.5mの坑道が東に口を開いており、その上縁に観音像らしいものを刻んでいるが、これは後世の造作と思われる。
 ネギテ穴観音がどのような目的でいつ、だれがどんな技術で造ったのかは現在においても解明できていない。

平成5年12月 安岐町教育委員会

~~~

 一点訂正いたしますと、「上縁に観音像らしいものを刻んでいるが」とありますが、この観音様は磨崖仏ではありません。「安置してある」が正解です。

 説明板にあった坑道への通路沿いに、石燈籠や五輪塔などの石造物が並んでいます。

有無両縁

 磨滅してきていますがどうにか読み取れました。蓋し三界万霊塔でしょう。

 もうひとつ、詳しい説明板がありますので内容を転記します。断面図まで記した、中村観音講による労作です。

~~~

馬場ネギテ観音

 穴観音を祀れる横穴は2000年以上を経て最古のものと伝えられている。此の穴観音は横穴式石窟であるが、最初は3室あったが現在は2室だけ残っている。前室入口の上に観音像が祀られているが、これは後世のものである。
 前室の広さは6畳くらいで中に入れば右側に地蔵菩薩、左側に不動明王の像が刻まれ情報に佛徳と刻まれてある。玄室に入れば広さは4畳半くらいで正面に弥陀三尊の坐像が剛刻され、右側の壁にも何か仏像が刻まれている。
 ネギテ観音起原は土御門天皇御世正治年間平清盛の孫平貞政が壇ノ浦の戦に敗れ入道して赤間が関にいたが、豊後の府内古籠に移り間もなく国東群安岐郷馬場村ネギテに移って石窟を始めて凡そ10年の歳月を終て、建歴年間に掘り終ったとのことである。
 付近に石室、東禅寺址、安楽寺等があり、当時は参拝者が多く熊本城主代参として藩士明治維新まで参拝を続けていたので、穴観音の名声は高かったと伝えられている。

穴観音とて世に稀なる岩屋あり
真間に石台の観音を安置す
この石仏は当所の平介と云う農民が造立して今に至り、供花故香を勤める。されど穴観音は、いつの人間造立と知れる人無し。
宝永二年閑居四号 諏訪寛村著より

平成16年1月 中村観音講

~~~

 入口の崩落を防ぐために屋根が架けられ、通路の左右には塀をついています。なんとなく足を踏み入れるのが憚られるような雰囲気が感じられます。

 後世の作とされるお観音様です。その下の入口の小さいことと申しましたら、しゃがんでも通れません。四つん這いにならないと無理です。しかも地面が粘土質で、ズボンが汚れます。ですから中に入りたいときは大判のゴミ袋等を持参して、入口のところに敷いてその上を這うて通るとよいでしょう。

 中は真っ暗で、しかも入口が狭いので外光はほとんど届きません。フラッシュを焚かなければ仏様は見えないのです。玄室入口の左右の仏様は、中村観音講の説明板によればお地蔵様とお不動様とのことですけれども、さても珍妙なる造形に呆気にとられます。特に向かって左の像は、本当に仏像なのかしらと甚だ疑問に思いました。「佛徳」というとってつけたような文言も、何をか言わんやというところでございます。

 2体の仏様(?)の間を通って玄室に入り、正面の壁に刻まれている磨崖仏群です。こちらも真っ暗闇で、懐中電灯を持ってこないと何が何やら全く分かりません。

 並びにも別の像が彫られています。当時、懐中電灯を持っておらず8体全てを確認することはできませんでした。あの小さい穴をくぐるのが嫌で、再訪しても中には入らずじまいで今に至ります。

 

4 ネギテの八坂社

 横穴から後戻って、今度は石段を上がって八坂社にお参りしましょう。八坂神社は一般に祇園様とか牛頭(ごず)様と呼ばれており、子供からも広く親しまれています。こちらの八坂社はどのように呼ばれているのでしょうか。

 石段には掃除をした形跡がありました。近隣の方のお世話が行き届いています。

 ずいぶん頭でっかちな灯籠です。竿の部分の文字に注目してください。2文字目は見たことない字でしたが、少し考えて「奉燈」と書いてあるのだと気付きました。「燈」の字を「火」と「登」に分解して、上下に並べて書いてあるのです。たとえば「峰」と「峯」のような異体字の関係と同じことですが、たいてい偏を上に、旁を下に書くことが多いと思います。ところがこちらは、偏が下に来ています。これはずいぶん風変りなことぞと思いました。推測ですけれども、部首の「れんが」からの発想と思われます。「れんが」「れっか」は「烈」の字の下の部分で、これは「火」の意味です。

 石段の手前から左に折れて坂道を回り込んで境内に上がることもできます。その場合、この場所に出ます。ここからは、後ほど紹介するネギテ古墳への道が分かれています。

 社殿の裏手にはたくさんの摂社が並んでいます。立派な台座をこしらえ鄭重にお祀りされています。どの石祠にも御幣が立てかけられていました。この裏側には庚申塔が並んでいます。

奉待庚申塔

 材質に起因するのでしょうか、笠がずいぶん傷んできているのが気になります。

青面金剛4臂、2童子、1猿、2鶏、邪鬼

 15年ほど前にはじめてこの塔を見たときはこんなに傷んでいなかったような気がするのですけれども、昨年久しぶりに拝見して、思いの外傷みが進んでいて残念に思いました。もともとの彫りが浅いうえに碑面が荒れて、細かい部分が全く分からなくなっているばかりか諸像の輪郭もぼやけてきてしまっています。写真では下部の状態が見えづらいと思います、猿が中央に坐り、その左右から鶏が向き合うデザインで、この部分がかわいらしくてよいと思います。傷んでしまったのが惜しまれてなりません。

庚申
正徳六申年
正月吉日

 こちらも傷みが進んでおりますが、実物を見れば文字は容易に読み取れます。今から300年以上も前に造立です。

 こちらも庚申塔かなと思いましたが、どうも違うようです。

 

5 ネギテ古墳

 八坂社の社殿正面から左に進みますと、右の竹藪の奥に愛宕地蔵様の建物が見えてきます。その通路の手前から右に折れて入り込んだところに古墳があります。標識があるのですぐ分かると思います。

 奥に見えているのが愛宕地蔵様です。ここから入って、右に折れて少し進みます。

~~~

ネギテ古墳
古墳時代 西暦500年代(約1500年前)

典型的な横穴式石室の円墳である。埋葬された副葬品、高坏形器台、須恵器が出土し、昭和41年県指定有形文化財として保管され、安岐町役場にて展示されております。

下馬場文化財を守る会
協力 サインタカギ

~~~

 古墳が破損し、石室が露出しています。整備が行き届いているとは言い難い状況ですが、こうして間近に構造を確認して学ぶことができます。

 

6 ネギテの愛宕地蔵様

 先ほど申しました通路を通っていけば畑地に出て、反対側からの参道と合流します。右に覆い屋が建っているのですぐ分かります。

 こちらの愛宕地蔵様は中村の方々の信仰を集めています。より分かり易いように一部を改変して、説明板の内容を記します。

~~~

ネギテ愛宕地蔵尊由来伝説

 昔この地に東禅寺という寺があって、その寺の高僧が生浄にこもったという伝説があります。生浄とは生きた人が墓穴に入って生ある限り御真言をとなえてその一生を終えることです。
 その地に、信者の人達がその徳を慕って愛宕地蔵尊を御勧請したとのこと、それよりこの地蔵尊は智恵地蔵様として朝夕尊崇者の参拝の絶え間がなかったとのこと。
 なお、祭日は毎月4日、14日、24日です。

安岐町中村老人クラブ

~~~

 愛宕地蔵様とのことですが仏像は見当たらず、塔身を欠いだ宝篋印塔の相輪を接いだ石造物がお祀りされていました。この塔を愛宕地蔵様の依代としているのでしょう。ッ百万遍のお数珠やお茶、小さなぬいぐるみがお供えされています。ぬいぐるみは、智恵地蔵ということで子供のお参りがあるためと思われます。

 裏の傾斜地には五輪塔がたくさん残っています。東禅寺と関係があるのかもしれません。

 

 

 今回は以上です。書きたい記事を書くことで、無理なく続けることができています。そのため一つのシリーズを完結まで一気に書かず、あのシリーズこのシリーズと同時進行しているので分かりにくいかなと気になっています。もしまとめてご覧になりたいときは「索引」のページを活用してください。次回は九重町の名所を紹介します。