大分県の名所・旧跡・史跡のブログ

カテゴリから「索引」ページを開いてください。地域別にまとめています。

朝来の名所めぐり その1(安岐町)

f:id:tears_of_ruby_grapefruit:20220119022454j:plain

 このシリーズでは安岐町は朝来地区の名所旧跡を紹介します。朝来地区は、安岐町の中では西武蔵地区と並ぶ山間部の地域で、大字矢川・朝来・明治からなります。この地域には神社・お寺や路傍の石造物など数多くの名所・文化財があり、とても1日ではまわりきれないほどです。今からその一部を順々に紹介していきます。探訪が不十分なので、飛び飛びの掲載になります。

続きを読む

西安岐の庚申塔めぐり その3(安岐町)

f:id:tears_of_ruby_grapefruit:20220116013052j:plain

 久しぶりに西安岐の庚申塔シリーズの続きを書きます。今回は大字掛樋を巡ります。この地域は庚申塔以外の文化財・史蹟も目白押しで、近距離に密集していますから短時間でたくさん見学することができます。適当な写真がないところは飛ばして、またの機会に補います。

続きを読む

熊毛の名所めぐり その4(国見町)

f:id:tears_of_ruby_grapefruit:20220112005633j:plain

 今回は岐部のうち長瀬部落から浦辺をまわって小江、少しとんで島田の名所を紹介します。特に探訪・お参りをおすすめしたいのは、潮崎の観音様です。この地は知る人ぞ知る名所ですが、車道からほど近く簡単にお参りすることができますし、奈多海岸や黒津崎、大高島の海岸などに引けを取らない、国東半島の浦辺を代表する景勝地であると確信しております。

続きを読む

熊毛の名所めぐり その3(国見町)

f:id:tears_of_ruby_grapefruit:20220105031353j:plain

 今回は下岐部は寺迫部落周辺の名所のうち、胎蔵寺の石造物、胎蔵寺裏山の庚申塔、岐部神社を紹介します。分量的にはやや少なめになってしまいますが、切りのよいところまでとしました。

続きを読む

東小深江の山神社(日出町)

f:id:tears_of_ruby_grapefruit:20220103001514j:plain

 熊毛シリーズの途中ではありますが、本日とても素敵な庚申塔を見つけたのでここに紹介いたします。こちらは全く知らなかった場所で、友人に教えてもらい初詣を兼ねて訪ねることができました。場所は日出町大字川崎、東小深江(ひがしこぶかえ)部落です。川崎地区はあまり探訪できておらず、川崎シリーズとして展開するには分量が足らないので、ひとまず単独の記事とします。

続きを読む

熊毛の名所めぐり その2(国見町)

f:id:tears_of_ruby_grapefruit:20211231015927j:plain

 新年あけましておめでとうございます。今年もあちこちの名所旧跡を訪ねて、少しずつ紹介してまいります。備忘録的な側面が強くなっているのが正直なところですが、今後ともよろしくお願いいたします。

 さて、今回も岐部の名所旧跡を紹介します。今回も庚申塔がメインとなります。個性的な塔が目白押しですので、興味関心のある方にはぜひ探訪をお勧めいたします。道が狭いところが多いので、もし時間があれば城山の駐車場に車をとめて、徒歩や自転車でまわるとよいかもしれません。

続きを読む

熊毛の名所めぐり その1(国見町)

f:id:tears_of_ruby_grapefruit:20211226003723j:plain

 国見町は名所旧跡・石造文化財の宝庫の感がございます。以前、伊美地区の名所・文化財を何か所か紹介しました。そのシリーズも半ばではありますが、先日岐部(きべ)の庚申塔を何か所か訪ねる機会を得ましたので、新しく熊毛地区(旧熊毛村)のシリーズを書いてみようと思います。熊毛地区は上岐部・中岐部・下岐部(以上大字岐部)、大字大熊毛、大字小熊毛、大字向田(むかた)の7地域・4大字に大別されます。探訪が不十分なので道順が飛び飛びになってしまいますが、ひとまず上岐部からスタートして中岐部、下岐部と進んでいきたいと思います。

続きを読む