大分県の名所・旧跡・史跡のブログ

カテゴリから「索引」ページを開いてください。地域別にまとめています。

国東町

国東の名所めぐり その1(国東町)

このシリーズでは国東町のうち国東地区の名所を紹介します。国東地区は大字田深・鶴川(つるがわ)・川原・安国寺・北江からなります。田深・鶴川の商店街は国東町はおろか東国東郡の中心市街として栄えてきました。特に軽便(国東線)が現役であった時代は…

来浦の名所めぐり その4(国東市)

来浦シリーズの続きです。このシリーズの「その1」で、葛原部落跡の石造物を紹介しました。先日、葛原に住まわれていた方々が昔通行していた道を散策する機会を得ましたので、道順は前後しますけれどもその道の紹介から始めます。

来浦の名所めぐり その3(国東町)

来浦地区の名所シリーズを久しぶりに書きます。今回はすべて、大字来浦の名所です。前回平原(ひらばる)の庚申塔まで紹介しました。本来なら今回は猿坊の堂様と庚申塔からスタートしたいのですが、適当な写真がないので飛ばして上園の庚申塔からとします。

旭日の名所めぐり その2(国東町)

引き続き、上治郎丸の名所・文化財を紹介します。今回紹介するところは至近距離にて、短時間で全部まわれます。

旭日の名所めぐり その1(国東町)

先日、上治郎丸の庚申塔を中心とする石造文化財を見学してまわりました。狭い範囲内に興味深い文化財がたくさんありまして、しかも国東史談会『くにさき史談第九集』により要領よくまわることができました。一度にたくさんまわったので、忘れてしまわないう…

来浦の名所めぐり その2(国東町)

来浦の名所めぐりの続きです。まったく、この地域は素晴らしい文化財や名所が目白押しでありますが、特に今回紹介します小嶽の庚申塔は他にはない特徴を有しております。このシリーズの目玉といってよいでしょう。

来浦の名所めぐり その1(国東町)

このシリーズでは国東町は来浦(くのうら)地区の名所旧跡を巡ります。来浦地区は大字岩戸寺(いわとうじ)・来浦・浜からなる地域で国東町の北端に位置し、その隣は国見町です。国道213号の改良が全線中で最後まで遅れていた地域なので、以前は国東市街地か…

小原の庚申塔巡り(国東町)

国東町大字小原(おわら)の庚申塔を紹介いたします。「おわら」は、「わ」のみ高く発音します。「見える」などと同じアクセントです。この地域は、国東町と合併するまでは小原村という一行政村でありました。その中にいくつもの小集落が点在しており、集落…

富来路の庚申塔巡り(国東町)

数回にわけて、富来路の庚申塔をさがしました。まだまだ抜けはありますが、ひとまず今まで廻った分を紹介いたします。富来浦から文珠山方面へ、富来路を辿っていきます。

藁蓑 お稲荷様の庚申塔と一字一石塔(国東町)

藁蓑地区、お稲荷様の側にある庚申塔を紹介します。 所在地:国東町大字大恩寺 藁蓑地区 稲荷社そば

小畑 お墓上手の庚申塔(国東町)

横手地区のかかり、道路沿いのお墓の上手にある庚申塔を紹介します。 庚申塔 所在地:国東町横手 小畑

山川の庚申塔(国東町横手)

山川の庚申塔を紹介します。 庚申塔 所在地:国東町横手 山川(やまご)