大分県の名所・旧跡・史跡のブログ

カテゴリから「索引」ページを開いてください。地域別にまとめています。

香々地町

夷の名所・文化財 その10(香々地町)

夷谷のシリーズも10回目になりました。今回は台林の石造文化財と、先延ばしにしたままになっていた道園の線彫板碑・石塔群を紹介します。

上香々地の名所めぐり その2(香々地町)

ずっとお参りしたかった市丸の伊勢堂にやっと行き着くことができました。そこで、上香々地の名所シリーズの続きを書きます。三重地区のうち、夷谷のシリーズばかりを書いてきました。上香々地の名所はずいぶん久しぶりです。今回は行き方の難しいところもあ…

夷の名所・文化財 その9(香々地町)

夷谷シリーズの続きです。今回は西夷の谷のうち、道園の名所・文化財を紹介します。この地域は探訪が十分でなく、特に磨崖連碑とその周辺の石塔群が未探訪でありますので甚だ不十分な記事になってしまいます。未探訪の庚申塔もありますので、それと合わせて…

夷の名所・文化財 その8(香々地町)

長らくお休みしていた夷谷シリーズを再開します。今回は西夷の谷にあります磨崖仏群を中心に紹介します。特に横岳の磨崖仏はインターネット・書籍ともにほとんど紹介がなく、シリーズ中の目玉の一つです。 25 かたしろ様(谷ノ迫磨崖像) 東西夷の追分から…

夷の名所・文化財 その7(香々地町)

引き続き東夷の名所旧跡を紹介します。夷谷のシリーズが長くなり、説明の都合上、道順がとびとびになっています。今回紹介する場所は、「その2」の記事の近接地です。

夷の名所・文化財 その6(香々地町)

前回に引き続き、東夷の名所旧跡を紹介します。今回は東狩場からスタートします。東夷の谷の奥詰め、城成(じょうなり)は廃村になって久しく空き家も残っておりませんで、その下の東狩場が長らく東夷の最奥の集落でございました。ところが田ノ口よりカサは…

夷の名所・文化財 その5(香々地町)

今回は、東夷の名所旧跡のうち塔ノ本の石造物と貴船様の庚申塔を紹介します。本当は上迫の庚申塔まで載せようかと思ったのですが、内容のバランスを考慮して今回は2か所のみにとどめました。

夷の名所・文化財 その4(香々地町)

夷谷の記事の続きに戻ります。前回、西夷のカサの方の地域を紹介しました。説明の都合でまた楽庭地区に引き返して、中山仙境とそれに付随する名所・文化財を紹介します。 さて、本文に移る前に、夷谷で昔唄われた俚謡を紹介します。これは「さのさ」のくずし…

夷の名所・文化財 その3(香々地町)

引き続き夷谷の名所・文化財を紹介します。今回は西夷の谷から蓑払・カンガ峠・西狩場界隈を取り上げます。このうち西狩場については以前「ウドンマエの庚申塔」の記事で一部を紹介しましたが、今回改めて紹介するものです。西夷の谷にはあまり観光の方は訪…

夷の名所・文化財 その2(香々地町)

今回は東夷のかかりにあります六所神社周辺の名所・文化財を紹介します。 ①六所神社 ②旧霊仙寺墓地 ③藤ヶ谷 この3か所とも磨崖仏または磨崖塔がございまして、夷谷の磨崖仏群の一端をなしております。これらの磨崖仏はあまり知られておりませんけれども、興…

夷の名所・文化財 その1(香々地町)

夷谷(えびすだに)は名所旧跡の宝庫です。中山仙境を中心に東夷、西夷の谷に分かれ、小集落が点在している中を庚申塔や古刹、神社など数えもやらぬほどにて、そのいずれもが屹立する奇岩を借景として、この地域特有の景観の一端をなしているのです。とても1…

上香々地の名所めぐり その1(香々地町)

香々地町の中でも三重地区(旧三重村)は名所旧跡・石造文化財の宝庫です。三重は大字上香々地と大字夷の総称で、両者は同じ谷続きの一帯の地域でありますが、このうち大字上香々地から、今回は手始めに庚申塔を2か所紹介します。どちらも、造形・規模・歴史…

西狩場 ウドンマエの庚申塔(香々地町)

ウドンマエの庚申塔と、付近の文化財を紹介します。 ウドンマエ庚申塔 所在地:香々地町大字夷 西狩場地区