大分県の名所・旧跡・史跡のブログ

カテゴリから「索引」ページを開いてください。地域別にまとめています。

小畑 お墓上手の庚申塔(国東町)

横手地区のかかり、道路沿いのお墓の上手にある庚申塔を紹介します。

f:id:tears_of_ruby_grapefruit:20200322013259j:plain

庚申塔

所在地:国東町横手 小畑

 

 

  国東市街地より、県道29号を行入方面に進みます。東光寺を右に見て、新道の切通しを越えますと、左側から、豊崎郵便局の前を通る旧道が合流します。その合流地点の僅かに手前、右手山際にお墓があります。そのお墓の横から急坂の獣道を少し上がると、写真の庚申塔があります。
 この辺りは最近刈り払われたようで、今は下の道路からも確認できるのですが、もしかしたら以前は笹薮に隠れていたのかもしれません。もう通る人もいないようですが、さらに上の方に道は続いています。確認はしませんでしたが、昔の山越えの道なのかもしれません。

 

f:id:tears_of_ruby_grapefruit:20200322013847j:plain

庚申塔

一面六臂、ショケラ、二童子、邪鬼、三猿、二鶏、四夜叉

 

 向かって右上が欠けているのが惜しまれますが、これは驚異的な保存状態ではありませんか。邪鬼や四夜叉も揃い、オールスターの庚申塔です。このように四夜叉が刻まれているものとしては槇の大堂の石仏公園に保存されているものが著名ですが、他にも半島内に数基、残っています。ここに紹介した塔は、上小原の金毘羅様のところの塔に表現が酷似しているところがあり、同じ石工さんによるものかもしれません。

 厳しい表情の青面金剛は頭巾のようなものを被り、マントのような衣裳を見にまとっています。そしてショケラをぶらさげています!童子はかわいらしい表情で、金剛さんの方をむいて付き添っています。ギョロリとした夜叉の眼つきは、いかつい感じもしますが、愛らしさも感じます。彩色がよく残っているのも嬉しい。諸々の像が盤面いっぱいに配置されているのに窮屈な感じがしません。 猿や鶏のデザインをよく工夫して上手に納めてあることで、全体的にスッキリとした印象です。